医者

糖尿病を治すには|ライフスタイルを見直そう

ヘルニアを短期間で治す

フェイス

鼠径ヘルニアは脱腸と呼ばれる良性の病気ですが、自然に治す方法は無く手術が最適だと言われ、放置して症状が進むと痛みが激しくなり緊急手術が必要になります。初期のうちに手術をすることで治療日数も少なく、早い回復が期待出来ることから鼠径ヘルニアの手術が注目されています。一般的な手術方法は補強材のメッシュでヘルニアの出口を覆うものです。お腹を切らず内視鏡を使う方法はヘルニアの場所も確認し易く、傷口も小さいので術後の回復が早く傷跡も目立ちません。ヘルニアになりやすい場所をメッシュで広く覆うことで、再発を防ぐ効果が期待出来るようです。麻酔は全身麻酔で手術時間は一つの箇所だと大体60分程になります。病院によって治療方法も特徴がありますから、情報を集めて自分に合った病院を選ぶことが大切です。

鼠径ヘルニアは小児ヘルニアと成人ヘルニアとがあり、原因が違うことで治療方法も異なってきます。小児鼠径ヘルニアは先天性のものが多く、自然に治ることがあります。成人鼠径ヘルニアは加齢と共に下腹部から足の付け根の組織が弱くなり、そこからお腹の中の腹膜が袋状に飛び出すものです。外鼠径ヘルニアは小児と成人男性に多くみられ、一番多いタイプです。内鼠径ヘルニアは中高年以降の男性に多くみられます。大腿鼠径ヘルニアは出産を経験した中年以降の女性が経験するケースがみられます。初期の時は痛みは感じることはあまり無いのですが、症状が進むと痛みや不快感を覚えるようになります。激しい腹痛や嘔吐の症状に進むと緊急入院して手術することになります。