医者

糖尿病を治すには|ライフスタイルを見直そう

免疫力を高めるがん治療

マスクの女性

副作用がないがん治療

がんの第4の治療法として注目されているのが免疫療法です。免疫療法にも色々な方法が研究されており、最も一般的なのが免疫細胞療法といわれる方法です。どの方法も人間が生まれた時から持っている免疫力を高めてがん細胞をやっつけるという特徴があります。その中でも免疫細胞療法というのは、がん細胞に効果のあるリンパ球などを増やして治療します。患者の体外でリンパ球を増やして体内に戻すやり方と、体内でリンパ球を増やすワクチン療法があります。この両方を取り入れる治療もあります。免疫療法が注目されるようになったのは副作用がほとんどないという特徴があるからです。そのため副作用の出る化学療法や放射線治療と一緒に行われるようになったのです。

進化する免疫のがん治療法

免疫療法が患者に支持されているのは副作用がないという点もありますが、治療から見放された終末期の患者にも効果があるからです。必ずしも100パーセントの効果を保証するものではないですが、多くの患者の余命が延ばすことができます。また痛みを和らげて心穏やかに終末を迎えることができます。初期の免疫療法は免疫力を高めてがん治療の効果を上げることはできても、がん細胞を殺すことはできなかったのです。その後の研究によって免疫療法は進化し、今では特定のがん細胞だけを殺すことができるようになっています。この点も最近の免疫療法が注目を浴びている点です。免疫療法は先端医療に分類されているため、健康保険の適用ができず自由診療になっています。病院によって治療費が違うので、事前によく調べる必要があります。