ドクター

糖尿病を治すには|ライフスタイルを見直そう

早めの対策を行う

患者と看護師

普段の意識が重要

普段の姿勢を正しくする事で、ヘルニアなどの発症を防ぐ事が出来ます。しかし、普段から染みついた姿勢を正すのは容易ではありません。蓄積された姿勢の悪さが椎間板を傷つけ、ヘルニアを起こしてしまいます。対策法としては、普段から猫背の場合はなるべく意識して、背骨が正しい状態にあるように姿勢を保つ事が大切です。日常的に前のめりの姿勢が多いと、「横隔膜ヘルニア」を発症する可能性があります。これは酷くなると「食道がん」や「逆流性食道炎」を招く場合があるので注意しましょう。また片側だけに重心を置くのも、椎間板を痛めてしまうので注意が必要です。両足に均等に体重をかけるように姿勢を保つ事を心がけましょう。栄養面では、カルシウムを取って食べ過ぎず肥満を防ぐ事も大切です。ヘルニアは誰もがなる可能性が高いため、普段からの姿勢を意識する事が重要です。

主な治療法

ヘルニアの治療には、手術や整体治療があります。最近では手術の際もレーザーだけでなく内視鏡を使ったものが多く、患者の身体に負担が少ない治療法が利用されています。内視鏡を使った治療は、「MED法」と呼ばれ利用者や導入している病院も多くなっています。また手術後に欠かせないリハビリに、力を入れている病院もあります。専門の理学療法士がつきっきりで健康な身体に戻すために、尽力してくれるため安心出来ます。中には手術が嫌という方も居るので、そういった場合は整体治療を利用するという方法もあります。患者への負担を減らし、安心して治療が出来る病院が増えています。ヘルニアは椎間板だけでなく他の種類もあります。少しでも異常を感じたら、早めに病院に行って診察してもらいましょう。早めの対策を行う事が大切です。

食事や運動を見直そう

また、お肉が食卓に並ぶようになってから、糖尿病を患う方が多くなってきています。気をつけていても、遺伝で糖尿病になってしまう可能性もあります。しかし、食事や運動を正しく変えるだけで改善することもあるので知っておくのもいいでしょう。正しい生活習慣にするためには、まず病院にいって医師の診断を受けるようにしましょう。自分の身体の状態を知らなければ、正しい対策を取ることは出来ません。食事療法では、カロリーに注意し、甘いお菓子やお肉などを控えるようにするといいといわれていますが、栄養が偏らないようにすることも大切です。医師に相談することで健康的な食生活にすることも出来るので、しっかりと通院しましょう。

24時間365日対応可能

病棟

世田谷区内で在宅医療を希望する場合、ケアマネージャーや世田谷区の窓口や担当医に相談してみてください。在宅医療を行っている病院がいくつかあります。医師の訪問は2週間に1度程度行われますが、緊急の場合は24時間365日訪問します。医療費は保険適用できますので、安心して療養できます。

もっと見る

ヘルニアを短期間で治す

フェイス

鼠径ヘルニアは足の付け根に出っ張り感がある初期症状のうちに、病院で診察してもらい治療を受けることで、早期の回復に繋がります。近年手術をする場合も傷跡も小さく術後の回復の早い施術方法があり、入院日数も短かく日帰り手術が出来るケースもあるようです。

もっと見る

免疫力を高めるがん治療

マスクの女性

がん治療で注目されているのが免疫療法です。色々な療法があって進化していますが、基本は人間に生まれつき備わっている免疫力を高めてがん細胞をやっつける治療法です。副作用がないという特徴があり、化学療法や放射線治療と一緒に行われます。最近の研究では特定のがん細胞を殺す免疫療法が開発されています。

もっと見る